遺品整理の仕事内容とは

人間には、生きているときに使っていたもの、愛用していたものなどがありますが、死んでしまうとそれらは「遺品」と呼ばれます。遺品とは、一般的に、動産などを指しますが、生前使用していた生活雑貨や衣類、家具、家電などの古物なども含まれます。遺品は、故人が生きていたという証ですが、その遺品の整理や処分は非常に大変で、困ってしまうというケースも増えています。昨今、核家族化が進み、一人暮らしをしていた人が孤独死を迎えるということも多く、遺品を整理する職業が注目されています。