写真で思い出造り

私には二人の子供がいます。
高校1年生の長女と中学1年生の長男です。
普段は、二人の子供たちに特別なことをしてあげられていないと思っているので、学校行事の際には、出来る限り出席するように心がけています。
その時にいつも持参するのがカメラです。
思い出=写真 と思っているので、何気ないシーンでもシャッターボタンを押しています。
最近はデジカメが主流になっています。
そのため、以前のフィルムカメラの時のようにフィルムの残り枚数や現像代等を全く気にしないで撮影できることは、大きなメリットとなっています。
ですから、写真撮影をする際は、あれこれ考えず、気の向くままにシャッターを切ることをお勧めします。
ピントが合っていない失敗写真や気に入らない構図の写真でも、その撮影した一瞬は二度と戻って来ません。
ですから近頃私は失敗写真でも、データはそのまま保存しています。
また、失敗写真をその場で消去したりするのも控えた方が良いかもしれません。
かく言う私も焦って消去したため、大事な写真も消してしまった経験が何度もあります。
写真を消している間にもシャッターチャンスが来ないとも限りません。
できるだけ、写真撮影を優先し、帰宅してからでもできる事は帰宅してから行うことを心掛けてみたら如何でしょうか。