特徴のある似顔絵

私は学生時代美術部に入っていました。
絵を描いたり、ものを作ったりするのは大好きでしたが、残念ながら
それほど絵はうまくありませんでした。
他の部員のほうが数段上手い人がいたくらいです。
ある日、美術部の教師が鏡を見ながら自分の似顔絵を描きましょうという
課題を出しました。
私は人物画はあまり得意じゃないので、気がすすまないまま絵を描きはじめました。
途中私は隣の同級生を見ると、すらすらと鉛筆がすすんでいるじゃありませんか。
しかも、かなり上手いのです。
私はというと、描いては消しての繰り返しでほとんどすすんでいません。
それを見ていた美術部の教師が、素晴らしいアドバイスをしてくれました。
自分の一番の特徴である部分を強調して描けば、それなりに似せることが
出来るというものでした。
そうアドバイスを貰い、私は鏡と睨めっこしました。
そして、自分の特徴である
ホクロがある薄い唇を強調して描いてみました。
相変わらず絵は上手くないですが、
それとなく似せて描くことが出来たので、私はそれで満足しました。